MENU

実録!私の首イボがすっきり綺麗になった方法とは?


30歳をすぎた頃から突然、首にポツポツを見つけました。最初はあまり気にしていませんでしたが、そのうち2つ3つと増えてきちゃいました。引っ張っても痛くないんだけど、取れることも無いし、触るとザラザラしてて見た目もすごく悪いのでどうにかしたいと思っていました。

 

ただ自分ではどうしていいのかわからず、市販の薬を使うべきか?病院に行くべきか?それとも美容クリニックで焼いたりするのかな?と不安は募るばかりでした。なので、徹底的に首に出来たポツポツ(首イボ)について調べてみました。

 

実際に試した方法や病院での対処方法など代表的な方法を紹介するので参考にしてみてください。

 

首イボとは?

首イボとは茶色や肌色の米粒よりも小さいポツポツした突起物です。このポツポツしたものが「アクロコルドン」と言われる老人性イボの一種です。イボの大きさはだいたい1~2mmぐらいの大きささ、痛みはないけど触るとポツポツして不快な感じがします。

 

首イボが出来てしまう原因は?

首イボは、肌同士や服とこすれる摩擦の刺激によってできることが多く、そのほかにも加齢によるイボや紫外線などの外部刺激によってできます。また、ウィルス性のイボもあり、プールや大衆浴場などで感染してしまう場合もあります。

 

首イボのほとんどは良性の腫瘍と言われていますが、ほおって置くとシミが進行したり数がどんどん増えてしまったりすることがあるので、普段から作らない!増やさない!予防が必要となります。

 

首イボができやすい年齢と場所

首イボは加齢によるものと言われているため、できやすい年齢は30代以上です。しかし、肌のタイプや個人差もあり、20代でも首イボが出来てしまう人もいます。また、できやすい場所は首以外にも皮膚が擦れる部分のわきの下や脇腹、股、胸、太ももの付け根、顔の目の周りなどの部分です。

 

あなたの首イボの種類は?

首イボといっても種類がいくつかあります。その種類によっては人に移してしまうウィルス性だったり、対処方法も変わってくるのであなたの首に出来たポツポツがどの種類になるのか参考にしてみて下さい。

 

アクロコルドン

首や胸にできるイボのほとんどがこのアクロコルドンといわれています。皮膚が柔らかい場所に多くできることが特徴で、大きさは3mm程度、色は肌色です。ウィルス感染などで発症するわけではなく、こすったりなどの外的要因による刺激によってできてしまうため、他の人にうつることはありません。首などに多くできるため、女性の場合、ネックレスなどでイボを傷つけてしまい、炎症を起こすことがありますので、早めのケアが必要です。

 

スキンタッグ

加齢に伴って出きる腫瘍ですが、このスキンダックはすべて良性の腫瘍であり、今すぐに何とかしなければならないものではありません。発生の原因としてあげられるのは、汗を多くかく場所にできやすく、顔や首、手や腕などにも発生します。色は肌色や黒などさまざまで、大きさも1mm~1cmのものまで幅広く、一概に大きな特徴はないというのが実際です。加齢に伴うものなので、他の人にうつることはありませんので安心してください。

 

老人性イボ・脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)

スキンダックと同様に良性の腫瘍で、加齢によって、自然に出来てしまうイボのことです。身体中どこにでも出きる可能性があり、その色も肌色や黒などさまざまです。形も平らなものからドーム状になってしまうものなどもあるため、一概には言えません。また、スキンダックと違う点として、かゆみを伴う場合があるということがあります。年を重ねるにつれてイボが大きくなりますが、他の人にうつったりすることはありません。

 

尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)

アクロコルドンと同様に、イボの中でも代表的なもので、手足の指や関節など、こすれやすい部分にできることが特徴です。原因としては、ヒトパピローマウィルスの感染があげられます。他の人への感染も容易なため、公衆浴場やプールなどでも簡単にうつってしまうので注意が必要です。特に、肌に傷がある場合には感染しやすくなってしまいます。

 

扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)

 ウィルス性の平べったい形状のイボで、傷口などから感染し、増殖します。皮膚の表層部分にのみ平べったいイボを多く作り、若年層に多く見られます。特に女性に多く、更年期の頃に発症することはほとんどありません。2mm程度と小さく、見た目がニキビのような形状のため、感染していることに気づかない場合が多いです。顔に出来やすく、痛みやしこりなどのニキビのような症状はなく、そのために放置してしまいがちになります。

 

首イボ除去に有効な7つの方法を徹底解説!!


首イボを取る方法を私が実際に行った方法を含め代表的で効果的な方法を7つ徹底解説しています。その中でも美容外科や皮膚科で処置して貰う方法と、自宅でも出来る方法の7つの対処方法を比較してみます。
美容外科や皮膚科での治療もさまざまで4つあり、自宅で出来る方法も大きく分けると3つあるので、どの方法があなたに合っているのか比較して見て下さい。

 

治療方法

費用

特徴

メリット・デメリット

はさみ     ピンセット  

300円~1,000円

専用のハサミでイボを切除

・4~5日切った跡が赤くなる。
・1週間もすればキレイになる。

液体窒素

5,000円程度

液体窒素によって冷凍凝固して取る方法

・冷たくて痛いですが、叫ぶ程ではない
・施術後に色素沈着の可能性がある

レーザー

5,000~15,000円

局部麻酔を使ってレーザーで取る方法

・麻酔をするため、痛みがほとんどありません
・施術後は1週間ほど患部にテープを貼っておく必要がある
・跡が残る可能性がある。

手術   

 イボの大きさや数によるが高額になる可能性大

手術で切除する ・かなり大きいイボが対象
飲み薬    

2,000円~7,000円

ヨクイニン成分配合の錠剤で内側から治療。 ・即効性がない
市販の薬

600円~1,000円弱

角質を柔らかくし、イボを取り除く 皮膚の薄い首など使用出来ない物もある
クリーム

2,000円~

気になる首イボに塗る

・痛み出血がない。
・美容成分も一緒に入っているのでイボだけじゃなく年齢が出やすい首がツヤツヤに!

 

首イボ除去の7つの方法を比較した結果・・・・

首イボを取る方法には皮膚科やクリニックで治療する方法と、自宅で自分で取る方法があります。皮膚科やクリニックの方法は即効性がありますが、痛みや跡が残るかも?という不安があります。女性だったら特に跡が残ったり色素沈着してしまったら、その後のケアが大変ですよね。

病院やクリニックで治療する方法

 

自宅でケアする方法に市販の飲み薬を飲んで内側からケアする方法もありますが、こちらは忍耐力が必要になります。ゆっくり続けて飲むことが出来る方にはおすすめですが、すぐになんとかしたい方にはおすすめできませんね。
クリームを使って外側からケアする方法があります。クリームは痛みも無く跡が残ることもなくイボのケアが出来るし、年齢の出やすい首ケアも一緒に出来るので一石二鳥の方法です。

自宅で簡単に治療する方法

病院で首イボケアはリスクも覚悟する必要がある!

首イボを病院で除去する方法は、即効性がありますが金額が高くなったり、方法によっては跡が残る可能性があります。また痛みを伴う治療方法もあります。(希望すれば局部麻酔も可能です)

 

治療の後は1週間から数週間は専用のテープを貼り続けることもあります。また1回で終わらないケースが多く、数回通い続けることもあります。

 

即効性はないが内側から首イボをケアする飲み薬

首イボをゆっくりでもいいから、いずれ無くなれはいいかな?という方には、飲み薬がおすすめです。効果に即効性はありませんが、痛みもなく内側からケアするので安心ですが、続けることが出来る人じゃないとオススメ出来ません。

→飲み薬で首イボ除去をする方法


 

自宅で簡単に首イボ除去出来る専用クリーム

自宅で簡単に首イボを除去したい方にとってオススメなのが、首イボ専用に作られたクリームです。まず病院やクリニックに行く手間もかからず、自宅で自分の予定でケアできるところが首イボクリームの良いところです。

 

首イボクリームにはイボに有効な成分の他に美容成分が配合されているクリームがあります。首イボを除去しながら年齢の出やすい首のくすみやシワも一緒にケアすることで年齢より若く見られたらリ、今まで隠していた首を出すことでおしゃれも出来るようになります。夏は特に首は露出が多いのでしっかりケアしたいですね。

 

首イボクリームを選ぶ時の3つのポイント

首イボ専用に作られたクリームはいくつか種類があるため、選ぶ時のポイントを比べて自分にピッタリの首イボクリームで試してみましょう。ポイントは3つ「効果的な成分が入っているか?」「使いやすいかどうか」「価格的に続けやすいのか?」がポイントになります。

 

 

3つのポイントから首イボクリームを選んだランキング

ランキングの基準

クリームを選ぶ時の重要なポイントは「効果的な成分が入っているか?」「使いやすさは?」「価格は?」この3つの基準を元にランキング化しています。

 
シルキースワン

シルキースワンの特徴

シルキースワンは、首イボ専用に作られた美容液です。古くからイボ取りに用いられているヨクイニン成分を配合、肌のトラブル対策のオウバクエキスやチャカテキンやビタミンC誘導体などお肌ケアに必要な美容成分もしっかり配合されているので、イボケアだけじゃなくお肌のケアも一緒に出来ます。またベタベタしたりせず使い心地が良いのが特徴

価格 9,800円2,980円  初回限定で70%OFF
評価 評価5
備考 毎月つるるんコースで初回がかなりお得になります。またいつでも変更・休止・解約ができるので安心
選ぶ3つのポイントをチェック!

  1. 首イボに効果的なヨクイニン成分でポツポツが小さくなってくることを実感
  2. 1ヵ月分が2つに分かれていて小さくてコンパクトなので使いやすい。クリームは伸びが良くベタベタしない。
  3. 毎月つるるんコースにすると初回が安くなる。定期購入はいつでも解約出来るので安心

 
艶つや習慣

艶つや習慣の特徴

艶つや習慣はジェル状になっていてオールインワンジェルとして首だけじゃなく、お顔や胸元にも使えるほど大容量です。毎日3~5分丁寧にマッサージすることによって、角質が膨らんできて立ち上がってきてポロッと取れるという方が多いようです。取れる前は黒っぽく枯れたように硬くなってきます。体験者のなんと97%がポロリを実感しています。

価格 4,104円2,052円 初回半額!
評価
備考 毎月お届け定期便にすると初回半額!
選ぶ3つのポイントをチェック!

  1. あんずエキスとハトムギエキスがたっぷり配合されています。
  2. オールインワンジェルタイプなので首元だけじゃなく、目元にも使える
  3. 定期購入すれば初回が半額の2,052円

 
アンミオイル

アンミオイルの特徴

ポツポツを取り除くために固くなった皮膚を柔らかくするパルミトレイン酸がたっぷり配合。1日3~5分の丁寧なマッサージをすることでポツポツがなめらかになり、つるつる美首に。使った96%が満足しています

価格 6,650円
評価 評価5
備考 初めての方限定でトライアルセット980円があります。
選ぶ3つのポイントをチェック!

  1. 硬くなった皮膚を柔らかくし、ポツポツケアしてくれる杏仁オイルを黄金比で配合
  2. 1日3~5分のマッサージが必要。オイルなので多少ベタつく
  3. 初回の1週間トライアルは980円で体験できますが、毎月続けるとちょっとお高め

自宅で簡単に出来る首イボを除去する方法

私が実際に首イボを綺麗にした方法がシルキースワンです。病院に行って切られたり焼いたりするのは怖いし、面倒なこともあり自宅で痛みなしに首イボが無くなればと思い使い始めたのがシルキースワンです。

出血なし痛みなしで首イボを除去できるシルキースワン

 

首イボがいつの間にか小さくなってる!

シルキースワンは首イボがポロリと取れるという感じではなく、気づいたときにはイボが小さくなっているという感じです。私のように首にポツポツがたくさんある場合は、首イボ全部が黒いポツポツになるのはちょっと避けたいですね。できればどんどん小さくなってなくなってるのが理想です。

 

マッサージなしで首に塗るだけ!

シルキースワンは塗った後ベタベタせずに、肌にスーッと馴染んでいく感じです。なので他の首イボケアオイルやジェルと違って1回3~5分のマッサージは必要ありません。3~5分って結構長いですよね?時間の無い方にはシルキースワンがおすすめですね。

 

イボだけじゃなく シワやくすみも一緒にケア出来る

シルキースワンは美容成分も一緒に入っているので気になるシワやくすみも一緒にケア出来るところがポイントです。年齢が出やすい首元なのでイボと一緒にケアしていきたいですね。

 

私が実際に体験した首イボクリームのレビューはこちら

首イボを病院やクリニックで治療する方法

首イボを病院や美容外科などで治療する場合にはどんな方法で首イボを取り除くのでしょうか?代表的な方法を紹介します。

液体窒素

液体窒素をイボにつけて細胞を壊死させる方法で、-200度程度の超低温の液体窒素で冷却したピンセットなどでイボを挟み、細胞を壊死させます。1~2週間ほどでかさぶたになり、その後自然治癒しますが、色素の沈着などが残ってシミになってしまったり、複数回の通院が必要になるというデメリットがありますが、比較的安価で治療することができます。

 

レーザー

レーザーを使用してイボを焼き切る治療法です。痛みもなく、跡も残りにくいことから最近では人気となっていますが、健康保険適用外のため、2,000~8,000円/個が治療費としてかかり、すべてのイボの治療をすると高額になるため注意が必要です。

CO2レーザーで簡単に除去⇒

 

手術による切除

部分的に麻酔をかけ、はさみや高周波のメスを使用してイボを1つずつ切除していきます。大きいイボに関しては適用できないため、小さいイボに限ります。費用は施術内容や病院によっても違ってくるため、一概に提示することはできないのが現状です。

 

これらのほかにも塗り薬や抗がん剤、漢方などの服用薬での治療など、病院や症状によってさまざまな治療法が取られることがあります。

 

首イボの治療費は?

イボの除去にかかる治療費については、受ける治療の内容やイボの種類、個数などによっても大きく変化します。そのため、あくまでも参考としてみていただき、実際にどのくらいの費用がかかるかは、皮膚科などの病院にお問い合わせください。

 

病院での治療費

 

液体窒素

レーザー

はさみ

手術

治療費 約3,000~5,000円 約2,000~8,000円 約300~1,000円 数万円~約10万円
保険適用

×

 

治療費にはかなりバラつきがありますね。はさみでの除去や液体窒素での治療は、比較的安く済みそうですが、数が多くなるとまた金額も違ってきます。手術やレーザーによる治療だと、施術費のほかに麻酔の費用なども必要となるため、これ以上の金額になることも十分あり得ます。

 

また、初めてかかる病院であれば初診料なども必要となってきますので、治療費だけではなく、ほかの費用もかかってくるということをきちんと理解しておきましょう。

あなたが選ぶ目的別 首イボ対処方法

自宅で簡単に

病院やクリニック

薬局やドラッグストア

クリック>>>

クリック>>>

クリック>>>

美肌ケアも一緒に

価格が安い

高額でもすぐ取りたい

クリック>>>

クリック>>>

クリック>>>

跡が残るのはイヤ

痛くない出血なし

体験談

クリック>>>

クリック>>>

クリック>>>

首イボケアについて知っておくべき5つのポイント

あなたの首イボはどんな種類のイボ?

首イボと言っても実はいくつかの種類があって、その対処方法もそれぞれ。ウイルス性だったら他の人に移ってしまう可能性もあります。また、これからどんどん増え続けていくものなのか?悪性なのか?しっかり自分の首イボがどんなものなのかを知っておきましょう

 

>>首イボの種類を見る

 

首イボの原因とこれから増やさない努力

首イボの原因を知ることでこれから首イボが消えた後も、また増え続けることがないように予防する必要もあります。その為に原因と予防策を知っておきましょう。

 

>>首イボの原因と予防策

 

首イボを病院で治療する場合の費用・時間・リスクを知る

首イボを病院ですぐに治療したい方に、方法や費用またリスクが有ることを知っておく必要があります。

 

病院で首イボ治療する場合の注意点

 

首イボにイボコロリは危険

首イボにイボコロリを貼って除去しようと考えられる方もいらっしゃいますが、それは危険です。実際にうちの子供の足裏にあったイボをイボコロリで取りました。その写真をみるととても首に使うのは危険なので止めて下さい。

 

>>首イボにイボコロリを貼るのは危険

 

私の首イボがすっかりキレイになった方法とは

実際に私の首にたくさんあったイボがキレイになくなった方法を紹介しています。

 

>>首イボがキレイになった私の体験談