MENU

首イボの原因と予防策

首イボの原因とは?

首イボはどうして出来てしまうのでしょうか?

  • 老化
  • 加齢、または皮膚の老化によって出来る古い角質層の塊

  • 摩擦
  • 首は服などで肌が擦れることで摩擦が起こり、その刺激でイボが出来ることがあります。

  • 紫外線
  • 紫外線はお肌にダメージを与えて、シミの原因になります。そのシミが大きく膨らんで首イボになることもあります。

  • 感染
  • ウィルス性のイポは感染によってイボが出来てしまいます。

首イボを予防する3つのポイント!
皮膚への摩擦を防ぐ

肌が服などとこすれることがストレスとなり、その部分の皮膚が角質化し、それが蓄積されてしまうことでイボになってしまうため、摩擦を防ぐことで首イボを防ぐことができます。予防法としては、肌を乾燥させないようにボディクリームなどでしっかりと保湿することが挙げられます。また、紫外線によるダメージでも首イボはできやすいため、外出する際は日焼け止めをしっかりと塗ることを心がけましょう。

 

肌の代謝を促進する

加齢に伴って首イボができるため、お肌のターンオーバーを正常に保つ必要があります。それには代謝を上げることが効率的で、健康維持にもなるため、規則正しい生活と栄養バランスのとれた食事、適度な運動を心がけましょう

 

傷口を適切に処置する

ウィルス性のイボを予防するためには、傷口からのウィルスの侵入を防ぐために、傷口の適切な処置をする必要があります。プールや大衆浴場などを利用する場合には、傷の大きさにかかわらず、絆創膏などでしっかりと傷口を処置してから利用するようにしましょう。

 

⇒自宅で簡単に首イボ すっきり?