MENU

妊娠中の首イボどうすれば??

 

妊娠中に突然首にポツポツを見つけたことがありますか?妊娠中はどうしても免疫の低下によって首イボが出来てしまうママがいます。

 

妊娠中に出来る首イボとは?

通常 首に出来るイボは加齢によるものや摩擦などによるものが多く、「老人性イボ(アクロコルドン)」とよばれます。3mm以下の小さいもので首や胸、わきの下などの皮膚が柔らかいところにできやすいイボです。

 

「妊娠性痒疹」

妊娠中にできるポツポツで「妊娠性痒疹(ようしん)」と呼ばれるものがあります。妊娠3~4ヵ月ころや、2回目以降の妊娠時に発症しやすく、強いかゆみを伴うものが多いのが特徴です。出産後に自然と治る場合が多いですが、かゆみが辛くなったり、水ぶくれが出来るようでしたら産婦人科で皮膚科を紹介してもらって医師に相談することをオススメします。

 

「PUPPP」

妊娠初期から中期におこる赤いプツプツした湿疹のようなもの。初産の妊婦さんに多く見られ、かゆみを伴う場合が特徴です。かきむしってしまうと炎症が広がってしまうので皮膚科を受診して下さい

 

妊娠中でも出来る首イボケア

妊娠中に出来る特有の湿疹じゃなければ、首イボ専用のクリームをオススメします。妊娠中はいつも以上に食べ物や飲み物に気をつかいますので、飲み薬や塗り薬は極力控えたいですよね。そんな時に安心なのが首イボ専用のクリームです。首イボ専用に作れていもので、敏感肌の方でも使える安心のクリームがあります。

 

→自宅でも簡単に首イボ除去出来るクリームとは?